薬膳コーディネーターについて

subpage1

薬膳コーディネーターというと薬膳を使って料理をするイメージがありますが、薬膳とは何かということから理解しなければなりません。



薬膳とは、中国の医学に基づいた心と体を健康、美容の面から改善させる食物であり、漢方に類似しているところもあります。中国で薬膳として料理に用いられるのは、松の実、ユリの根、クコの実、サンザシ、ハトムギ、長芋、生姜、朝鮮人参などが代表的なもので、食材にも薬草にも使用できるものを、中医学では薬膳と呼んでいます。

薬膳料理は単に薬草を調理して食べるだけでなく、家庭で普段食べている食材でも薬膳料理に使用したりします。
薬膳コーディネーターは、これらの食材を使用して、病気を予防し健康を保ち、究極の不老長寿を目指すような知識を持ち料理のできる人なのです。


薬膳コーディネーターは薬膳の人間の体に対する作用を理解していて、漢方と同じく未病の観点から生活習慣病やアレルギー、アンチエイジングなどを改善、予防できる知識があるのです。
薬膳コーディネーターは、資格の認定団体はいくつかありますが、通学制の学校で勉強しても通信教育でも、資格試験に合格すれば取得が可能です。

薬膳コーディネーターの魅力情報をお届けします。

現代の食事は、食品添加物や防腐剤などが混入された、体に悪影響を及ぼす食品もあり、ストレスの多い社会生活でひずんでしまった体を食薬同源の立場から見直そうとするものなのです。

Yahoo!ニュースの情報が欲しい方必見です。

資格を取って、家庭で家族の健康のために薬膳料理を作るのも楽しいのではないでしょうか。